血圧薬やバファリンとお酒の併用は転倒の原因になる

薬を服用する時には、いくつかのやってはいけないことがあります。まず、当然の話ではありますが、決められた時間や用法を守って飲むことです。自分で勝手に変えてはいけません。また種類の異なる薬を一度に飲むのもよくありません。それから、できれば水か白湯で飲むようにしましょう。緑茶やウーロン茶で飲むこともできますが、やはり水で飲むのが一番です。それから水なしで薬を飲むのは絶対に避けてください。元々水分と一緒に服用することで、吸収をよくする働きがあるからで、水なしだと食道に引っ掛かることもあります。また薬によっては、ジュースや牛乳などで飲むと吸収されにくい、あるいは化学反応を起こすということもあります。特に高血圧の薬や抗生物質、胃腸薬とジュースの組み合わせは止めましょう。
それからいうまでもないことですが、お酒と一緒に飲むのもだめです。薬とお酒を一緒に飲むと、肝臓への負担が大きくなるからです。また抗ヒスタミン剤や安定剤などと一緒にお酒を飲むと、眠気がしたり、脳神経の働きが抑えられたりしますので、転倒することもありますし、その転倒によってけがをしたりする恐れがあります。また、高血圧の薬をお酒と飲むと、血圧が著しく下がり、この場合も転倒や立ちくらみが起こります。また、バファリンなどの痛み止めと一緒に飲むのもよくありません。バファリンなどは、ちょっと頭痛がするからと気軽に使ってしまいがちですが、元々バファリンをはじめとする痛み止めを服用すると、胃にいくらかの負担がかかります。お酒も胃に負担を掛けますので、いわばダブルで胃を荒らすことになるわけです。いずれにしてもお酒を飲む時は薬は厳禁、逆の見方をすれば、薬を飲んでいたらお酒は飲まないように心がけましょう。