むくみ症状が出る高血圧には発症起因の異なる本態性も

血圧は、心臓により押し出される血流が血管内壁に与える圧力の事であり、心臓が収縮して血液を送り出す収縮期が最高となり、心臓が拡張している際の拡張期が最低となります。正常な数値は、収縮期が120mmHg~140mmHg、拡張期が80mmHg~90mmHgとされ、この数値を上回る場合は高血圧と定義されています。
高血圧には、一次性とも呼ばれる本態性と二次性があります。
二次性は、他の疾患や医薬品が起因となり発症する疾患症状であり、原因疾患の治療や医薬品の変更で症状が改善します。
本態性は、遺伝因子や日々の生活習慣の乱れなどの環境因子が複雑に関与して発症すると考えられていますが、明確な原因が解明されていない疾患症状です。本態性は、環境因子よりも遺伝因子による発症リスクが高いとされていますが、遺伝的に高血圧になりやすい体質の人でも塩分の摂取制限や肥満の改善、適度の運動などの生活習慣の管理で発症を抑制出来るとされています。
高血圧は、肩こりや頭痛、めまい、動悸、息切れ、むくみなどを感じる人もいますが、一般的にサイレントキラーと呼ばれるほど症状が無く、放置される場合が多く生活習慣病から心疾患や脳血管疾患などの重篤な合併症を発症する危険性非常に高くなります。
むくみは、皮下組織に体内の老廃物や水分などが蓄積される事で生じ、一般に血流によって老廃物や水分が体外へ排出され症状が発現しませんが、血流の悪化や腎臓の機能低下により老廃物や水分がうまく排出されなくなりむくみが発現します。又、高血圧症の起因の一つとされる過剰な塩分摂取も、むくみの原因です。人間は、体液の塩分濃度が決まっている為に塩分濃度が高くなると自己防衛反応として、体液の濃度を薄め様と水分を吸収し体がむくみます。その為、むくみの予防法として、塩分の排出を促進するカリウムの摂取を推奨しています。